名前・地名・方言

ことばの意味

【あこぎ】とはどんな意味?どんな時に使う?その語源は?

「あこぎなことをする」とは、どんなことを表しているのかわかりますか?「あこぎ」という言葉は聞いたことはあるけれど、どういう意味なのか問われると正しく答えられない人もいるようです。そういうあなたは正しく理解しているの?と言われてしまいそうですが、自信がないので調べてみようと思います。「あこぎ」の意味や使い方、また語源についても調べてみましたので、参考にしてください。
名前・地名・方言

【ちゃらんぽらん】って方言だったの?その語源とは?

いい加減なことや、無責任で軽薄な人に対して「ちゃらんぽらんだな」なんて言いますよね。言いますよね・・と当たり前のことのようですが、「ちゃらんぽらん」というのは方言だったのです。方言だなんて知らなかった・・という人も多いのではないでしょうか。 今回は「ちゃらんぽらん」という言葉について解説します。
ことばの雑学

【ほっこり】と【まったり】は方言だった?どういう意味だったの?

「ほっこりする」とか「まったりしている」は、気持ちや状態を表す言葉としてよく使いますよね。「ストレスたまってたけど、あたたかいお茶とおいしいお菓子のおかげでほっこりした気分になれた」「やっと仕事が一段落ついたから、お茶しながらまったり過ごしている」このような使い方をしているのではないでしょうか。日本全国で「ほっこり」と「まったり」は同じ意味として使われていると思うのですが、どうも一部では違う意味の方言だったようです。
スポンサーリンク
名前・地名・方言

博多の方言で【おひめさん】と【おとのさん】とは何のこと?

方言女子では上位にランクインすることの多い博多弁ですから、知名度も高く、コテコテの方言という感じではなくなっているのかも知れませんね。それでもやはり「え?」と驚くような方言もあります。今回の「おひめさん」と「おとのさん」がそうです。「おひめさん」と「おとのさん」は「お姫様」と「お殿様」のことだと思うのが一般的だと思います。ところが博多では、違うものを指す言葉として使うことがあるようです。
名前・地名・方言

お正月と関係のありそうな名字はどんなのがある?その由来とは!

年末になると慌ただしくなるのは、お正月を迎える準備に追われるからですよね。年賀状を書いたり、大掃除をしたりと何かに急かされるように忙しく感じます。それもこれも、新たな年を迎えるという気持ちを大切に考えるからではないでしょうか。誰もが改まった気持ちになるのがお正月なのですよね。ところで、「正月」という名字の方がいるのを知っていますか?
名前・地名・方言

【いじやける】というのはどこの方言なの?意味や語源は?

「いじやける」という言葉を聞いても、意味がわからずにポカンとしてしまいます。きっとどこかの方言なのだろうと調べてみると、驚くことに自分自身が10年以上暮らした土地でも使う方言だったのです。ですが、10年ほどその土地で暮らしている間には1度も「いじやける」とは聞いたことがありませんでした。古い方言はどんどん消えていくので、きっとあまり使われなくなっているのではないかと思います。
名前・地名・方言

【えらい】の意味が何パターンも!方言としての使い方とは?

「えらい」といば「偉い」のことだと誰もがわかりますよね。「あの人はコツコツと勉強して立派な学者になった偉い人なのよ」など、その人の地位の高さなどを表す言葉です。ですが、「偉い」という意味ではなく「えらい」という言葉を方言として使う地域があります。しかも、それがかなりの広範囲に及んでいて、同じ「えらい」でも違う意味として使うこともあるようです。そこで今回は「えらい」という言葉を「偉い」ではなく、方言の意味についてまとめています。
名前・地名・方言

「かんこうする」という言葉を聞いて意味を理解できるのは愛知だけ?

「ちょっとあなたたち、もう少しかんこうできないの?」「かんこうしないと終わらないよ」このような会話で「かんこう」という言葉が使われていても、意味が理解できる人はごく限られた地域で育った人ではないでしょうか。「かんこう」とは、愛知県を中心とした東海地方で使われている方言です。その意味や使い方、語源などを解説します。
名前・地名・方言

【こそばい】の意味とは!どこの方言で語源はどこから?

「こそばいからやめて」とか「そこはこそばいところだわ」などと使いますか?じつは「こそばい」を使うのは全国的ではありません。ですが、かなり広い範囲で使われているので、方言という認識のないまま「こそばい」を使っている人もいると思います。ただ、「こそばい」が方言だと知らなかった人も知っていた人も含めて、語源を知っている人は少ないのではないでしょうか。
名前・地名・方言

学校の休み時間のことを「放課」というのは愛知県の方言なの?

放課後といえば、学校の授業が終わった後のことですよね。「放課後に○○しよう」など、全国的に使います。では、学校の授業と授業の間の休み時間はどうでしょう。「休み時間」が一般的なのでしょうが、愛知県では「放課」と言います。愛知県だけ「放課」というのはなぜなのでしょう。
スポンサーリンク