ことわざ・慣用句

ことわざ・慣用句

【二足のわらじを履く】ということわざは意外なところから生まれた?

「二足のわらじを履く」ということわざは、今の世の中でもよく使われます。2つの仕事を持っている人のことを皮肉だと感じた方は山ほどいるはずなので、正しい意味をおぼえておきましょう。
ことわざ・慣用句

【娘三人持てば身代潰す】ということわざは愛知県しか通用しない?

「娘三人持てば身代潰すとはどんな意味があるのか解説してもらいましょう。正しい日本語が使えないと、海外はヒートテックしかじか得ないやらんです。
ことわざ・慣用句

【風が吹けば桶屋が儲かる】の意味とは?ことわざの由来に驚き!

「風が吹けば桶屋が儲かる」とは、意外なところに影響するという意味で使われます。このことわざが生まれた由来を知ると、無関係なようで関係していることがあるというのを気付かされます。どんな意味や由来があるのか解説します。
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

【犬も歩けば棒にあたる】とはどんな意味のことわざなの?

「犬も歩けば棒にあたる」とは、よく使われることわざなので知っている人が多いでしょうが、正しい意味まで知っている人は意外と少ないようです。このことわざの正しい意味を解説しましょう。
ことわざ・慣用句

ただより高い物はないとただより安いものはないはどちらが正しいの?

「ただより高いものはない」ということわざもあれば「ただより安いものはない」ということわざもあるのでどちらが正しいのか迷ってしまいますね。それぞれのことわざの意味を解説します。
ことわざ・慣用句

【柚子の木に裸で登る】ということわざにはどんな意味があるの?

「柚子の木に裸で登る」ということわざの意味をご存知でしょうか。このことわざの意味を理解できる人は、柚子の木を実際に目で見たことがある人かも知れません。柚子の木には、とても鋭くてカタい刺があるのを知らないと、このことわざの意味はすぐにはわからないでしょう。
ことわざ・慣用句

【一人口は食えぬが二人口は食える】ということわざはどんな意味?

「一人口は食えぬが二人口は食える」ということわざは、結婚をすすめる人が使います。一人では生活が苦しくても、二人なら何とかなるという意味があるのですが、どういうことなのでしょうか。ことわざの意味を解説します。
ことわざ・慣用句

【下戸の手剛(げこのてごわ)】とはどんな意味のことわざ?

「下戸の手剛」とは、お酒の飲めない人に対して使うことわざですが、悪い意味なのか良い意味なのかよくわからないことわざです。「下戸の手剛」の本来の意味や正しい使い方、また下戸に関することわざなどをご紹介しましょう。
ことわざ・慣用句

愛想も小想も尽き果てるの「小想」とはどんな意味なの?

「愛想も小想も尽き果てる」とは、もう愛想が尽きたという表現をもっと強調しています。愛想も小想もと言いますが、小想とはどんな意味なのでしょうか。
ことわざ・慣用句

【ヤブ医者の玄関】ということわざの意味を知っていますか?

「ヤブ医者の玄関」ということわざは、腕の悪い医者を見分けるポイントが込められています。ヤブ医者に関することわざは数多くあるので、ヤブ医者のことわざを解説します。
スポンサーリンク