ことばの雑学

ことばの雑学

【順延】と【延期】は同じ意味ではないの?正しい使い分け方とは!

「運動会は雨天順延とします」と「運動会は雨天延期とします」の2つの文章の違いの意味がわかりますか?はっきり違いを理解して使い分けられる人の割合は過半数以下だと言われています。運動会とか遠足など、お天気に左右されるイベント事には、よく使われる「順延」や「延期」です。どちらでも意味は通じそうなものですが、細かいことを言えば意味が違うのです。
ことばの雑学

【しゃがむ】と【かがむ】は同じ動作ではない?違いとは?

「しゃがむ」と「かがむ」は同じような動作だと思うのですが、違う言葉で表現するのですから、同じではないのでしょうね。「しゃがむ」と「かがむ」の違いを説明するのは、日本人でもちょっと難しいのではないでしょうか。今回は2つの言葉の違いについて解説します。どんな点が違うのか、チェックしてみましょう。
ことばの雑学

【終日】と【全日】の違いとは?正しい使い分け方のポイント!

「終日って全日とどう違うの?」という疑問を持ったことはあるでしょうか。「終日」も「全日」も意味としては同じだと思われて、正しく使い分けることができている割合はどの程度なのか疑問です。そう言われると、意識して使い分けていないことに気が付きます。
スポンサーリンク
ことばの雑学

【リラクゼーション】は間違い?ややこしいカタカナ言葉とは!

リラクゼーションサロンとか、リラクゼーションチェアなど、日本人の多くが使っている「リラクゼーション」という言葉。リラックスするための空間やアイテムに「リラクゼーション」とつけていますよね。でも、この「リラクゼーション」はホントは間違いだって知っていますか?この他にも、和製英語とか間違えているカタカナ言葉が沢山あります。新しい言葉が生まれれば、そこには和製英語や間違えているカタカタ言葉が必ずと言っていいほど混ざってしまいます。
ことばの雑学

【十分】と【充分】は同じ意味?正しく使い分けるポイントとは!

「もう十分だよ」と「もう充分だよ」。「十分」と「充分」は、どちらも同じ意味の言葉として使っていると思います。ですが、2つの言葉があるのですから、まったく同じ意味ではなく、使い分けるポイントがあるはずです。「十分」と「充分」を正しく使い分けられているのは、どのくらいの割合なのかわかりません。私自身も怪しいので、正しく使い分けられていないと思います。きちんと使い分けるポイントを頭に入れておけば、今後は迷うこともないはずです。
ことばの雑学

【鰻の寝床】とはどんな意味?由来や語源はどこから?

「まるで鰻の寝床みたいなつくりの家だな」なんて、奥に長く続いている家のことを「鰻の寝床」と言いますよね。本物の鰻が水の中でどんな様子で寝ているのかわからないので、鰻の寝床として表現しているのは、単純に鰻が細長いからでしょう。「鰻の寝床」とは上手い表現だと思う反面で、細長い生き物は他にもいます。たとえば蛇も長いですよね。しかも蛇は家を守る縁起の良い生き物という言い伝えもあるので、家の作りを表すのなら、蛇の寝床でも良さそうなものです。
ことばの雑学

【投げ銭】とはいつからあるシステムなの?始まりはどこから?

動画配信サービスの「投げ銭」というシステムを使って収益を上げる方たちも増えてきました。それまでは、自分たちをアピールするために使っていた動画サービスを使って、ライブなどが行えない損失を少しでも埋めようとする努力です。最近になってよく耳にするようになった「投げ銭」というシステムですが、いったいいつ頃からあったのでしょう。
ことばの雑学

「朝から」と「朝っぱらから」という2つの表現に違いはあるの?

「なんだか朝からにぎやかだけど」と「朝っぱらから騒がしいな」と2つの表現を並べてみると、意味はそれほど違うわけじゃないのに、伝える側の気持ちには差があるように受け取れます。「朝から」という言葉を「朝っぱらから」と入れ替えるだけでも、ニュアンスが変わるのではないでしょうか。どちらも同じ意味のはずなのに、どうして違う言葉として使い分けられているのでしょう。
ことばの雑学

「御社」と「貴社」の正しい使い分け方は?「当社」と「弊社」は?

会社員の経験があれば、何の問題もなく使い分けられるであろう「御社」と「貴社」です。しかし、個人商店でしか働いたことがないとか、社会経験がほとんどない人は、「御社」と「貴社」の違いや使い分け方はわからないかも知れません。「当社」と「弊社」もそうです。同じような意味なのに、2つの言い方があるのは、使い分けるルールがあるからだと思っていても、そのルールが曖昧だという人もいるはず。
ことばの雑学

【猫だまし】という相撲のワザの名称の語源はどんなことから?

大相撲ファンなら、「猫だまし」と聞いてすぐに相撲の戦い方のことだとわかると思います。でも、お相撲にあまり詳しくない人は「猫だまし」がワザの名だとは思わないかも知れませんね。しかし、相撲の戦い方の1つに「猫だまし」と呼ばれるわざがあるなんて、不思議だと思いませんか?なぜ「猫だまし」と呼ばれるようになったのか、語源を探してみました。
スポンサーリンク