パンケーキとホットケーキは同じものではない?違いはどこにある?

ことばの雑学

一大ブームとなったパンケーキですが、最近はすっかり定番になったため、パンケーキ専門店の前に長い行列ができることは少なくなってきました。

ほんとにブームは早く去るものです。

というか、日本人は飽きっぽいのでしょうか。

しかしパンケーキのブームが去っても、昔から家庭で楽しむおやつの定番であるホットケーキは変わらず好きでしょう。

ホットケーキもパンケーキも同じようなものなのに、なぜ呼び方が別にあるのか疑問に思ったことはありませんか?

今回はパンケーキとホットケーキの違いについて解説します。

スポンサーリンク

パンケーキとホットケーキの違い

パンケーキのブームが起こった時、昭和世代の人たちの多くが、「パンケーキってホットケーキのことでしょ」と思ったはずです。

若い世代の人たちからは笑われそうですが、違いなんてはっきり説明できない人がほとんどではないでしょうか。

それもそのはずです。

パンケーキもホットケーキも、ハッキリとした違いがあるわけではないので、同じものと考えてもいいのです。

あえて違いを指摘するとすれば、海外でホットケーキを注文したくても、ホットケーキという名称のメニューはないので、そこが違いと言えます。

しかし、違う食べ物ではないのなら、なぜ日本ではパンケーキではなくホットケーキと呼ばれるおやつが定番になったのでしょうか。

その理由を含めて、パンケーキとホットケーキそれぞれの特徴を見てみましょう。

パンケーキとは

パンケーキは、小麦粉に水や卵、牛乳などを入れて溶いたものを、フライパンや鉄板で焼いたものを全てパンケーキと呼んでいます。

パンケーキはスイーツとしてだけではなく、食事のメニューにもなるため、甘い味付けに限られません。

バリエーションも豊富で、スイーツ系から食事系まで幅広いのが特徴です。

そのため、パンケーキの生地には甘い味付けがされていないものが多く、後から加えるソースやシロップ、クリームなどで味を完成させるものが多いようです。

ホットケーキとは

ホットケーキは、その名の通り「熱いケーキ」のことです。

これは日本だけで呼ばれています。

ホットケーキは、パンケーキとは違って、甘いシロップをかけて食べるものとして定着しています。

スイーツとして親しまれているので、生地も甘い味付けがされています。

市販されているホットケーキミックスは、何も加えなくてもほんのりと甘さがあります。

パンケーキ用の粉は甘さが控えられているので、ホットケーキを食べるつもりで市販のミックス粉を買う場合は、間違ってパンケーキ用を買わないように気を付けないといけませんね。

スポンサーリンク

パフェとサンデーの違いは?

パンケーキとホットケーキの違いのように、同じような食べ物なのに呼び方が違うものが他にもあります。

たとえば「パフェ」と「サンデー」の違いです。

最近は昭和レトロな雰囲気の喫茶店の人気がまた復活しているようなので、昔ながらの「パフェ」や「サンデー」に注目が集まっているようです。

じつは筆者である私は、若い頃に喫茶店などの飲食店で働いた経験があるのですが、違いを説明できるかどうか・・は自信はありません。

働いた経験から言えば、パフェとサンデーは使用する器が違うので、その点だけしかわかりません。

パフェグラスとサンデーグラスに分けていて、使うフルーツやアイスクリーム、生クリームなどには明確な違いはなかったと記憶しています。

では、なぜパフェとサンデーがあるのか、その理由はそれぞれの語源にあるようです。

パフェの由来

喫茶店の人気メニューであるパフェの語源は、フランス語にありました。

フランス語では「完璧なデザート」のことをパルフェ(parfait)という言葉で表します。

そのパルフェがパフェの語源になったと言われています。

つまり、アイスクリームやフルーツなどが完璧に飾られた鮮やかなデザートなので、パフェと呼ぶようになったのでしょう。

サンデーの由来

サンデーもパフェと並んで喫茶店の人気メニューですが、サンデーの語源は英語の日曜日です。

アメリカのアイスクリームショップが、日曜日だけに限定して、アイスクリームにチョコレートをかけて売ったところ、それが大人気になってたちまちアメリカに広まったことがサンデーの由来だと言われています。

そう言えば、サンデーはアイスクリームにチョコレートやフルーツソースをかけただけのものもあります。

アメリカでは、日曜日は教会に行き、その後は家族で静かに過ごすものでした。

今でもアメリカの大統領選挙は多くの人が休みのはずの日曜日ではなく火曜日が投票日となっています。

そのため、人が外出しない日曜日は飲食店なども売り上げが下がるため、定休日にすることも多かったようです。

アイスクリームショップが日曜日限定でチョコレートをかけたサンデーを販売したのは、家族そろって教会に出かけた後の人たちをターゲットにしたからだと言われています。

アメリカの習慣がサンデーの発祥に関係しているのですね。

スポンサーリンク

まとめ

ホットケーキはパンケーキに含まれるもので、日本独自に定番になった食べ物でした。

何となくパンケーキのほうが薄いのではないか・・とか、曖昧な違いで納得していた人もいると思いますが、ハッキリと区別するほどの定義はないのです。

それに比べると、パフェとサンデーの方が名称の由来に大きな違いがあります。

見た目には大きな違いがなくなっているのは、日本の喫茶店文化が独自に発展させたものだと思います。