ことばの意味

ことばの意味

【下駄を預ける】とはどんな意味?誤用されやすいので気をつけよう!

「下駄を預ける」という言葉を聞いて、どんな意味なのかわかりますか?わかる方の中には、もしかしたら間違って使っているかも知れません。「下駄を預ける」という言葉には、どのような意味が込められているのでしょうか。正しい使い方や語源について解説します。
ことばの意味

【居候】とはどんな立場の人のことをなの?語源はどこから?

居候(いそうろう)と言えば、赤の他人の家に同居している人のことです。同居人というと、シェアハウスとして同居しているようなイメージなので、居候と同居人は少し違うのかも知れません。居候とは、いったいどんな人のことを言うのでしょう。それに、なぜ居候と呼ばれるようになったのか、語源はどこからきているのでしょうね。
ことばの意味

【交代】と【交替】の違いとは!使い分けるポイントはある?

「交代」と「交替」は、どちらも入れかわることを意味しています。「入れかわり」も「入れ代わり」と「入れ替わり」があるのですが、同じ意味なのになぜ使われる漢字が2つあるのか不思議です。「交代」と「交替」は、違う意味なのでしょうか。この2つの言葉の違いや、使い分けるポイントについて解説しましょう。
スポンサーリンク
ことばの意味

【自画自賛】はなぜ【自我自賛】ではないのか?意味や語源は?

自分で自分を褒めたたえる意味として使われるのが自画自賛です。「我ながらよくできたと思う」と自分自身で褒めている様子を表しています。でも、なぜ自画自賛なのか?と疑問を持った方もいるのではないでしょうか。自分自身を褒めることなので、自画ではなく自我ではないのか・・。実際に、自画自賛を自我自賛と間違えておぼえている人もいるようです。
ことばの意味

【おそらく】の意味や語源は?たぶんとの使い分け方は?

「おそらく」は「たぶん」とか「きっと」と同じ意味の言葉として使われています。「たぶん」や「きっと」よりも丁寧な印象を受けますが、意味としては同じだと思っている人がほとんどでしょう。でも、「おそらく」は「恐らく」と書きます。「恐」の文字が使われるのはなぜなのでしょう。今回は、「おそらく」の意味や語源、使い方を解説します。
ことばの意味

【準備】と【用意】と【支度】を正しく使い分けるポイントとは?

「準備」と」「用意」と」「支度」は、同じような意味なので、正しく使い分けるのが難しい言葉です。あやふやなままで使っていると、間違っているのかさえわかりませんよね。どれを使っても、とくにオカシナことにはならないのですが、同じ意味なのに3つの言葉があるのなら、やはり使い分けるルールがあるのでしょう。同じような場面で使われることが多い3つの言葉について、解説したいと思います。
ことばの意味

【コンサート】と【リサイタル】の違いとは?正しい使い分け方!

コンサートとリサイタルは、どちらも演奏会のことですが、なぜ2つの言葉があるのか不思議に思ったことはありませんか?コンサートとリサイタルは、どう使い分ければいいのでしょうか。コンサートとリサイタルには、どんな違いがあるか。この2つの言葉の違いや、正しく使い分けるポイントを解説します。
ことばの意味

「キザなやつ」などの表現に使うキザの本来の意味は?語源は?

「悪い人じゃないんだけど、キザなのがちょっとね・・」「そんなキザなこと言われると、こっちが恥ずかしいわよ」このように、「キザ」は褒め言葉として使うわけではありません。かっこつけている人に対して、批判的な意味として使う言葉ですよね。でも、本来の意味もそうだったのかさえわかりません。そもそも、なぜ「キザ」となったのか、語源はどこからなのでしょうか。
ことばの意味

【細々】の読み方は「こまごま」なのか「ほそぼそ」なのか?

「細々」を「こまごま」と読むのか、それとも「ほそぼそ」と読むのか迷ったことはありませんか?同じ漢字なのに、読み方が違ったり、同じ読み方でも意味が違ったりすると迷いますよね「細々」は同じ字ですが、読み方が1つではありません。どちらかの読み方が間違っているわけじゃなく、2つの読み方があるのでわかりにくいのです。今回は「細々」の読み方と意味を解説します。
ことばの意味

【けりをつける】のけりとは何のこと?語源はどこから?

「けりをつける」といえば、「今度こそ、あいつとの勝負にけりをつけてやる」というような、決着をつけるという意味で使われる慣用句です。あまりにも日常的に使われる言葉なので、「けりをつける」の「けり」とは何のことなのか?なんて疑問に思うこともないでしょう。それほど広く浸透している言葉なのですよね。今回は「けりをつける」の「けり」の語源について解説します。
スポンサーリンク